--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/17

FOMCを受けて

FOMC終わりました。



ワシントン 16日 ロイターより 

米連邦準備理事会(FRB)は16日、連邦公開市場委員会(FOMC)声明を発表し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くとともに、金利を長期間(for an extended period)ゼロ付近に維持する方針をあらためて表明した。

同時に、経済活動が引き続き強まっていると指摘した。

前回のFOMCに続き、カンザスシティー地区連銀のホーニグ総裁は反対票を投じた。金利を長期間異例に低い水準に維持するとの確約はもはや正当化されないとの見方を示した。

FOMC声明は、モーゲージ関連資産の買い入れプログラムを3月末までに完了させるとの見通しを再度示す一方で、追加の支援が必要かを見極めるため景気見通しや金融動向を監視していく、とした。

労働市場については「安定している」とし、前回のFOMCよりも明るい見方が示された。前回は労働市場の悪化は「鈍化している」としていた。

企業の設備やソフトウェア関連の支出についても「大幅に」拡大したとし、前回よりも明るい見方が示された。





これを受けての動きをチャートで見てみます。


34e




ドル円 10分足チャート(8時間)
w34rfdsewrd



FOMC前後で大きく動いたことには間違いありませんが、90.00円は下回りませんでした。


このため、私は売りポジを決済し、再度買いに転じます。


とりあえずは90.2円で買い、様子見。



日中90.0円を割るようなことになればさらに下げることになりそうですが、大幅な円高も考え難いのでしばらくは買いでいこうかな、と考えています。









ランドも取引も再開中。

南アフリカランドランキング

現在のトレード ★通常取引 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。