--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/01

スプレッド重視の方にオススメの証券会社

スプレッド →FC2 Blog Ranking


オススメ証券会社紹介、今回はスプレッドを重視する方にオススメする証券会社です。


スプレッドとは、直訳すると「広がること。また、広げること。」で、FXとしては、売値と買値の価格の差をさします。

証券会社は、このスプレッドで利益を得ている、ということになります。
つまり、我々からすれば、スプレッドは狭いにこしたことはないが、その分証券会社の取り分が少なくなる、ということです。

(他にも取引手数料で利益を得ている証券会社もありますが、最近は取引手数料無料が当たり前になってきました。)

では、スプレッドが狭ければ、その証券会社は良い会社か?というと一概にそうとも言えません。

FX証券会社を選ぶ基準には、スプレッド意外にもスワップ金利や、取引通貨量、チャートやシステムの安定性など、いろいろあるからです。


前置きが長くなりましたが、今回はそのスプレッドのみを考えたうえでのオススメ証券会社を紹介します。

これは、私がスプレッドを重視して証券会社を選んだので、ある程度は信用できるかな?と自負しています。
逆に他にもお勧めあれば教えて欲しいです。


紹介しようと思えばかなりの数を紹介できるのですが、多くしすぎるとかえってよくわからなくなりそうなので今回は3つに厳選しました。

その3つは、クリック証券、外為オンライン、みんなのFX、です。


その他でオススメの証券会社を探すなら →人気ブログランキングで探す


それぞれの特徴と私の個人的な意見です。


1、クリックFXについて

ここは、スプレッドで業界NO1の証券会社です。「ALL外為比較」2008年FX会社ランキングでスプレッドNO1証券会社に選ばれています。
米ドル円は0pips~、ポンド円、豪ドル円も2pips~です。
クリック証券のシステム「はっちゅう君FX」「FXチャートGOLD」は非常に使いやすく、私は常にチャートを見るときはこれを使っています。
レバレッジは200倍。取引通貨は、南アフリカランドを含む14通貨ペア。
10000円キャッシュバックキャンペーン実施中。
デメリットとしては、取引通貨量が少なくなる時期にはスプレッドがかなり大きくなってしまうことがあります。今年のお正月はポンド円のスプレッドが20pips程度まで広がりました。




2、外為オンラインについて


数々の有名トレーダーがオススメする証券会社。年間取引量NO1です。
ドル円、ユーロドルのスプレッドが1pips固定です。ポンド円、豪ドル円は5pips。
レバレッジは200倍。取引通貨は23通貨ペア。
5000円キャッシュバックキャンペーン実施中。
ただ、スプレッド固定、といっても今年のお正月、クリック証券ほどではないですがスプレッドは広がりました。


3、みんなのFXについて

システムの安定性が特徴の証券会社。今年のお正月、クリック証券、外為オンラインでスプレッドが広がったのに対し、コチラでは多少の広がりは合ったもののその差は歴然。
スプレッドはドル円1pips固定。ポンド円5pips~、豪ドル円4pips~。
レバレッジ400倍。取引通貨は16通貨ペア。
10000円キャッシュバックキャンペーン実施中。
特にディトレーダーのユーザーから高い評価を得ています。システムの安定性で選ぶならココかな。





純粋にスプレッドのみにこだわる場合(私はコレ)

クリック証券 > 外為オンライン = みんなのFX


システムの安定性を考える場合

みんなのFX > 外為オンライン > クリック証券



世間一般には、外為オンラインが最も取引量も多く認知されていますが、私としてはクリック証券です。
なので、実際メインで使わせてもらってます。
ただ、正月などのスプレッドが大きくなりすぎてしまう場合に備えて、みんなのFXの口座も使っています。
外為オンラインは、いろんな有名トレーダーの方々が使っており、非常にすばらしいと思うのですが、私はあえて使いません。
NO1、よりOnly1で勝負です(笑)。
まぁ、初心者の方や安心の面から考えれば、迷わず取引量が最も多い外為オンラインを選ぶのがいいと思います。



詳しい内容は以下の公式HPを参照下さい。


クリックFXの公式HPはコチラ
クリック証券


外為オンラインの公式HPはコチラ




みんなのFXの公式HPはコチラ





オススメ証券会社 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。