--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/11

南アフリカランドのスワップ運用 失敗 その2

前の記事はコチラ →人気ブログランキング

南アフリカランドのスワップ運用 失敗 その1の記事を読む


まずはコチラをチェック →FC2 Blog Ranking


ここで100万円近くの損失を被ってしまった私は、やむなくFXから撤退せざるをえませんでした。

しかし、私はまだ諦めることができませんでした。


そこから約半年、ヤフオクやアフィリエイトなどをやり資金を貯め続けました。

50万近くの資金が貯まったころ、ある話が私のところに入りました。

それは、両親が私の名義で作っていた口座を解約するとのこと。


その額、なんと200万円


私は、このお金をただ銀行に預けて眠らせておくのはもったいないと思い、FXでスワップ金利での運用しようと考えました。


(私の貯金と合わせて約250万円、これだけあればかなり安全に運用できるはず。)


そう思い、早速実行に移しました。


そのときのチャートです。 →外為ランキング


ランド 2回目の失敗


そのときの南アフリカランド円の為替レートは、約14円。

3月に11.59円という底値をつけたランドは、今はまた上がり落ち着いたように思えました。

しかも一度15円を超える値をつけており、そのときの私には今しか買い時はないと思えて、即購入しました。


14.00円で30万ランド購入

これで毎月のスワップは約3万円



1年運用すれば、36万円になります。

日本の銀行に預けておくのと比べると、なんとお得なことか!


その後の動きは、チャートを見れば明らかですが下降する一方でした。

10月には前回つけた底値を下回り、さらに下がっていく一方でした。


そこで私のとった行動は、ランドの追加購入でした。


(これ以上は下がるとこはないだろう)


そう思い、買足しを続けました。

13.5円で買い、13.0円で買い、それ以下でも買い・・・。

気づけばランドの保有額は50万ランド。


その後も私の思惑通りにはまったく進みませんでした。

さらに値を下げたランドは、ついに為替レート9円を切りました。


この時点で私の資金は底をつきました。

そして、2度目の強制ロスカット・・・。

職場で仕事をしている間の出来事でした。


こうして私は、資金250万円全てを失ってしまいました。



そして、今に至ります。



これを読んでもまだFXのメリットはスワップ金利だという方。 
こんな取引はバンポがアホだからだ、俺なら余裕でできる、という方。

まずは1000通貨単位の取引をやってみてはいかがですか?
特に南アフリカランドやトルコリラなど高金利通貨を扱う場合、変動が大きいので注意が必要です。
私自身、それで失敗してますので・・・。

1000通貨単位から取引できる証券会社のなかでも特にオススメなのはコチラ。
ヒロセ通商 LION FX

なぜオススメかというと、ここではなんと、トルコリラも1000通貨単位での取引が可能!
トルコリラを1000通貨で取引できるのはココだけではないでしょうか?
もちろん南アフリカランドも扱ってます。
私も1000通貨単位の取引やってます。資金が少ないので・・・。

公式HP
為替の


FX業者を比較! 初心者はココから始めよう




長文読んでいただき、ありがとうございました。
最後に、この記事がためになった、という方のみでよろしいのでブログランキングの応援クリックしていっていただけたら幸いです。

皆様の応援によりこのブログは成り立っています。


にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ





外為ランキング

FX 毎日の取引&チャート分析 (過去の分) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
私もやられました(^^;
バンポさん、こんばんは。
文学さんのサイトからたどってやってきました(^^)

ランドの金利に引かれて買って、今回の下落で損失を出した人って多いでしょうね。もちろん私もその一人です(^^;。

損失を出すと落ち込みますが、過去は変えられないので、めげずに相場の損は相場で取り返しましょう(^^)/

応援ポチしていきますね_ρ('▽')
たろすけさま
訪問&コメントありがとうございます。

南アフリカでのワールドカップ開催がある年なので必ずいけると思ったのですが、だめでした。
まぁかなり高い授業料でしたけど、今後プラスにできれば良しとしようかと。

今後ともよろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。